MIZEN BLUE「勝」久留米絣 x ARLNATA

MIZEN COLLECTION Vo.1 MIZEN BLUE 「勝」~SHO~

MIZENは、『人と人とのつながりを感じられることこそがラグジュアリー』という理念のもと
日本の伝統的技術を担う職人達が主役となるラグジュアリーブランドを築き上げるプロジェクト。
日本の伝統技術を現代のライフスタイルに合った形でデザインし、日本のみならず全世界へ向けて提案することで、
高度な技術を持った職人の地位向上、そしてその産業の持続可能性を高めていくことを目指しています。

2023年2月は福岡県の伝統的工芸品の一つである久留米絣と、元「Hermes」のデザイナーが
高級紬などの反物から洋服をお仕立てするARLNATA<アルルナータ>とのコラボレーションをMIZENがプロデュース。
MIZEN プロジェクトVol.1のために作成したオリジナルの反物 
MIZEN BLUE 勝 ~SHO~ 「勝蜻蛉(かちとんぼ)」や、産地から直接仕入れた
織元(坂田織物、下川織物、野村織物)の反物を使用して仕立てた洋服を発表致します。

なお、今回のイベントのギャラリー内装はフローラルアーティストとして世界的に活躍されており、
伝統技術の新たな価値を創造し発信するMIZENの理念に共感をしていただいている、
花匠 佐々木直喜氏に手がけていただきます。

COLLECTION

スラッシュブルゾン / レディス

SIZE 0・1・2・3

本体価格:¥198,000
お仕立て代:¥209,000~

ARLNATA初となる前開きファスナーで、マニッシュなスタイル。
反物巾を活かしながら前身頃から後見頃まで一枚断ちされたパターンが大きな特徴です。
スラッシュコレクションを象徴する背中のレース編みのテープはARLNATAオリジナルで
作成したものを使用しています。前身頃のデザイン違いでメンズもご用意しています。

ワンピースコート / レディス

本体価格 ¥165,000

シャツコートの様な仕立てながらワンピースとしても着用できるモデル。
短くも袖口が広く幅広なカフスが特徴で、折り返して着ることで袖口の大きなアクセントに。
身頃裾の地の目を90度変えた切替え、脇に入ったスリットも特徴。
前を開けてコートとして着用すれば、マニッシュな印象に、
ボタンを閉じてベルト紐を結べばフェミニンさが増す、二面性を持った一品。

KURUME KASURI
オリジナルMIZEN BLUE 「勝」~SHO~

坂田織物にアーカイブとして残る「勝虫」と呼ばれるトンボの絣柄の反物がきっかけで、
その図柄のベースを鉄紺に、そして「勝」のイメージ色として
白、黄のストライプを加えることで今回のテーマを表現する柄に仕上げました。

久留米絣 KURUME KASURI

久留米絣は、福岡県南部の筑後地方一帯で製造されている綿織物で、
織られることで浮かび上がる柄がかすれて見える事から“かすり(絣)”と名付けられたとも言われています。
括り(くくり)とよばれる技法で、綿の糸束を図案に応じて括った状態で染色し、
その染まった糸束を解くことで糸に柄が現れます。
このように、あらかじめ染め分けられた糸を使って織り上げることで柄に微妙なズレが生じ、
独特なかすれ模様が現れます。

伊予絣、備後絣とともに日本三大絣の一つとも言われています。
必要に応じて適宜機械化を図ることで、昔ながらの表情を損なうことなく
生産している織元も存在し、色柄も多様性に富んだ織物です。
洋装との相性も良く、現代においては身近に絣の持ち味を肌で感じる事ができます。

MIZEN について

MIZENは、日本の伝統技術を担う職人たちが主役となるラグジュアリーブランドを築き上げるプロジェクトです。
『日本の技術を次世代のラグジュアリーへ』をテーマに、日本の伝統技術を現代のライフスタイルに合った形に
デザインし、日本のみならず全世界へ向けて発信することで、高度な技術を持った職人の地位向上と、
産業の持続可能性を高めていくことを目指します。

MIZEN 青山本店
住所:東京都港区南青山 6 丁目 4-13 Almost Blue C 棟
電話番号:03-6427-7586
営業時間:11:00 ~ 19:30
定休日:月曜日・火曜日(祝日は通常営業のため定休日が変更になる可能性もあります。)
*アクセス:東京メトロ 銀座線・千代田線・半蔵門線『表参道駅』
(A5 出口より徒歩約 10 分)