MIZEN MIZEN

米沢織

YONEZAWA ORI

山形県 YAMAGATA PREF.

"米沢織" <山形県米沢市>

山形県最南端、最上川の源流に位置する米沢。
織物産地として、250年以上の歴史があり多彩な特徴がある。
山形県の県花である紅花を使った先染め織物はその一つ。
よねざわ新田は、明治17年に創業し、昭和38年3代目が紅花染を復興し、紅花紬を発表。
5代目となる現在、紅花を育て染から織りと一貫製作を行っている。
その色彩は、自然の恵みを含んだやさしい百色の色相を生み出します。

MIZEN MIZEN

紅花紬

豪雪地域の山形。
雪解けが進み晴を迎えた、4月に紅花の種を蒔く。
7月2日半夏生(はんげしょう)前後に青々とした畑に黄色の花一輪のみ顔を出す。
それは、半夏ひとつ咲きといわれ、紅花の神秘的な光景がみられる。
花には、棘(とげ)があり、朝露のおりている早朝から一輪ずつ咲き頃を確認してから摘む。

MIZEN MIZEN

花寝せ

黄色に咲きそろった紅花を丹念に一輪一輪摘みころを選び収穫していく。
それは、摘み頃を逃してしまうと黄色の花が赤色に変化してしまい染料に向かない状態になってしまうから。
摘んだ紅花を染料にするための作業に進む。
黄色の花を水で洗い、黄水洗いをおこなう。
それは、花弁にキズをつけ、酸化させ、発酵を促す作業となる。
あとは、日陰にて十分に水分を与えながら3日程度おくことで、黄色の花が写真のように赤になる。

MIZEN MIZEN

臼搗き

赤く発酵した、紅花を臼で搗く。
気温や湿度により、粘り感と特有の香りからタイミングをみながら工程を進める。

MIZEN MIZEN

紅花餅

団子状に丸め潰し、煎餅状にした紅花を乾燥させ染料となります。

紅花は、キク科で一年草で連作が難しい。
原産国は、エジプトなどいわれ、シルクロードにより日本まで伝わる。
江戸時代中期になると、全国生産の六割以上が山形で育てられました。
それは、高価なもので金と同等価値、それ以上ともいわれました。

MIZEN MIZEN

染色

紅花には、黄色の色素と赤の色素があります。
その色素抽出や染色は、他の植物染めと大きく異なります。
通常、色素抽出の際は煮出すなと行いますが、
紅花は黄色の色は水に溶け出し、赤の色素はアルカリ性に溶解します。
染色も米酢など酸性を加え中和し、時間をかけ繰り返し染め濃くしていきます。
また、他の色と重ね染めをすることで色に深みを出すなど表現しています。
長年の経験を生かし、手間や時間をかけて染め上げていくのです。

COLLECTION